1137万語
収録!

複数の英和辞典/和英辞典から一気に検索!
 オンライン英語辞書は「weblio英和和英」

サラリーマンさん
2020-01-31 22:53

「尊大に」arrogantly

Thick clouds are covering over the world.

この文の文頭もしくは文尾に、
arrogantly、high-handedly
といった語を添えたいのですが、そのとき、

厚い雲が(尊大な感じで)世界を覆っている
厚い雲が(尊大にも)世界を覆っている

どちらの意味になりますか?

前者は、覆うという行為の仕方 を
後者は、覆うという行為自体 を修飾していると思います。

回答

2020-01-31 22:53:49
英語勉強中さん

opressivelyは、けっこう非日常的な語(難易度高め)でしょうか?

2020-01-20 01:32:54
サラリーマンさん

Kanae Wakkuさん / Chrisさん

ご丁寧な説明、ありがとうございます。
御二方の説明を読んで大変勉強になりました。

よろしければ私の言葉足らずだった質問を補足させていただき、
ご面倒でなければいま一度ご教示いただければ幸いです。


1)背景・文脈

私が意図しているのは、擬人法を利用した詩的表現により、
厳しい困難や運命に直面している人物の内面を描くことです。

当該の人物は、威圧するかのように頭上を覆う暗雲を気丈なまなざしで見上げながら、
くじけてしまいそうな心を奮い立たせようとしています。

「thick clouds」は、「fate」や「reality」等に相当し、
「the world」には、「me」や「us」等を重ね合わせています。

当該人物の目には、「fate/reality=thick clouds」が「威圧的」に映っています。
その「強大で抗いがたい空」「人生に問答無用で立ち塞がるかのような空」を、
「尊大に=arrogantly」という副詞で表現しようと考えました。


2)副詞「arrogantly」の位置

詩的に表現したい文章なので、リズムを大切にしたいです。

副詞「arrogantly」の文末配置は、
Kanae Wakkuさんのご指摘では意味が不自然に感じられるとのこと、
Chrisさんのご指摘ではリズムが良くないとのことでしたので、文頭に配置しようと思います。


3)副詞「arrogantly」のニュアンス

ただ、文頭配置によって「尊大"にも"」という意味合いになってしまうのは避けたいです。

私が表現したいのは、下記の b です。

a)
当該人物は、暗雲が "尊大にも" 頭上を覆っていると感じている。

b)
当該人物は、頭上を覆っている暗雲の様子が、抑圧的で "尊大にさえ" 感じている。

「暗雲」および「暗雲の行為そのもの」を尊大と感じているのではなく、
「暗雲の行為の仕方(=いかにも人々を圧迫するように垂れ込めているさま)」を尊大と感じている…そんな内面を表現したいです。


4)副詞「arrogantly」の代替語

御二方の説明を読んでいて、もしかしたら「arrogantly」という語が適切でない(意図が伝わりにくい)のかもしれないと思いました。

Chrisさんご推奨のimpunity/imperiouslyは、
この場合、文頭に「With impunity」あるいは「Imperiously」という形で配置するのが適当だと思うのですが、
ここでは後者のニュアンスが近い気がしました。

ただ、Weblioの辞書によると、どちらの語も学習レベルが高く、あまり平易な単語ではないのでは?と不安にも感じました
(なるべく口語的で馴染みのある語を使いたい意図があります)。

そこで御二方に再度お知恵を拝借したいのですが、
opressivelyという語はいかがでしょうか?
「圧迫するように・抑圧的に」という意味合いを想定しています。

※リズム的に、できれば4音節に収めたいという意図もあります。


5)その他の代替語

Chrisさんのご推奨では、

# thick → heavy
私の意図に、より適した表現だと思いました。
ありがとうございます。

# cover → loom/spread
元の文で現在進行形の「covering」としたのは、
暗雲が今まさに頭上を覆っていることを表現したかったからです。

また、「covering」に「over」を加えたのは、
より圧迫感や抑圧感、上からの圧力感を表現できるかと考えたからですが、
「cover」という語に「over」を加えるのは語として不自然とのことなので、
ここはご推奨の「spread over」が適切なのかなと思いました。


6)以上より…

Chrisさんご提案の(10)の(d)の(ii)

Imperiously, heavy clouds are spreading over our globe.

をベースに、

Oppressively, heavy clouds are spreading over the world.

という一文に修正してみたいのですが、いかがでしょうか?

ご高察のほど、よろしくお願いいたします。

2020-01-17 01:52:58

May I offer, with respect, a few remarks on your translation?

(1) Kanae Wakku is quite right in observing that your adverbs are personifications [擬人化の表現].

(2) Personifications can be rhetorically powerful, if they are felicitous.I do not think either 'arrogantly' or 'high-handedly'(as adverbs qualifying the verb 'cover' whose subject is 'clouds') work well in your English context.

(3) I would recommend for {尊大*な感じ、様子*} e.g.: "*As if with* arrogant/high-handed [impunity] , ...."

(4) For {尊大*にも*}[=文副詞], consider e.g.: "Imperiously, ..."

(5) Note: I don't think that {J.} N+に[=adv.]+も *only* functions to qualify and thus describe the mode of the verbal action itself. If this were so, there would be no difference between (e.g.) *尊大に* and *尊大にも*. The addition of the particle -も to the base adverbial form creates the further *indirect* sense that, *from the speaker's perspective*, the action as described is somehow striking. The addition of the -も functions as the speaker's *implied commentary* on the mode of the action.

(6) Thus,{尊大にも} *both* functions adverbially (i.e., as [3]) *and* pragmatically (in implying that the speaker is particularly impressed by, has a feeling about, the attributes of the mode of action, as in [4]-[5]). Therefore, (3) is, I think, perfectly suitable to express {尊大にも} (Or: "As if imperiously, ...".)

(7) I agree with Kannae Wakku that placing the adverb at the end of the sentence is clumsy (for reasons of English rhythm). Placing the adverb at the beginning of the sentence emphasises the speaker's *striking* sense that the "covering" is (eg) "arrogant".I do not agree with placement of the adverb "arrogantly" directly before the verb: the rhythm is a bit awkward.

(8) In any case, I do not think the mere placement of the adjective "arrogantly" creates any *change in sense*; it is rather about emphasis amd rhythm. I cannot see any easy way of determining the most effective formulation.

(9) Consider:

(a) As if with arrogant impunity, thick clouds...

(b) Imperiously, thick clouds ...

(c) Thick clouds - as if with arrogant impunity - cover...

(d) Thick clouds - as if imperiously - cover...

(e) Thick clouds loom, imperiously, over...

Now, do you wish to emphasise *the "arrogance" of the clouds' mode of action* (as in a and b), or do you wish to emphasise *the clouds* (which are "arrogant" in the way they cover the world), as in c,d,e.?

(10) In regard to your vocabulary choice:

(a) "thickness" is usually attributable to "fog" or "mist" {霧}. This is because fog or mist is located closer to the (human) ground-level, and we must move through it. But clouds are generally above us; they bear down on us. Thus, "heavy" may be a better translation of 厚い.

(b) Transitively, "cover" already includes the sense of "over". Thus,"covering *over*" is redundant. Just "cover".

(c) I believe you may have used "cover *over*", as applied to clouds, intending actually to use the verb + dependent preposition "*to loom over* or *to spread over*.

(d) You use the progressive aspect of the verb 'cover'(i.e., "covering"). Is this because you wish to express the sense that the clouds *are only now, or only especially now, beginning to cover our world*, even if with alarming scope and speed? If so, may I suggest:

(i) Heavy clouds - as if with imperious force - are beginning to loom over our globe.

(ii) Imperiously, heavy clouds are spreading over our globe.

(11) Good luck!



2020-01-16 11:12:19

擬人化の表現だと推測いたします。”arrogantly”も”high-handedly”も人や人の行為を形容する際に使う表現なので。

文頭か動詞の前でかで意味が変わります。
Arrogantly, thick clouds are covering over the world.
(尊大にも、厚い雲が世界を覆っている)
Thick clouds are arrogantly covering over the world.
(厚い雲が尊大な様子で世界を覆っている)

文末でも文法的には問題ありませんが、厚い雲の様子が最後に説明されることになるので、少し不自然に聞こえます。

以上、ご参考になれば幸いです!

関連する質問