【教えて下さい】 形容詞の限定用法と叙述用法

英語勉強中さん 2019-03-20 20:57:52
カテゴリ:英語の勉強法 英文法
12月18日のNHKラジオ第2の入門ビジネス英語Lesson 21で以下のような文が出てきました。

There are a couple of problems outstanding.

そこで質問です。この outstanding は形容詞だと思うのですが、
なぜ problems を後ろから修飾してるのでしょうか?

Outstanding amount  未決済の まだ決済していない金額

のように形容詞の限定用法で前置修飾ではない理由が知りたいです。
形容詞の限定用法でも後置修飾になる場合の条件もいろいろ見ましたが、
どれも当てはまらない気がします。

またネットで

There are a few problems outstanding.
There're debts [problems] still outstanding.

のような例文も見ましたが理由まではわかりませんでした。
私の考えでは

There are a couple of problems (which are) outstanding.

のように関係代名詞を省略した叙述用法かとも思いますが、
自信はありません。
私が「2,3の未解決の問題がある。」を英文にするなら

There are a couple of outstanding problem.

としてしまいます。これは間違いでしょうか?
よろしくお願いいたします。



コメント

5
英語勉強中さん 2019-03-20 20:57:52

このページに詳しく書いてあります。
https://eikaiwa.weblio.jp/column/study/eigo-bunpo/grammar-adjective
4
英語勉強中さん 2019-02-21 21:04:25

No.3さん ご回答ありがとうございます。

There are a couple of problems outstanding.
の outstanding は there is 構文では叙述用法の主格補語になるんですね。
私は限定用法の形容詞と混同していたとわかりました。

No.3さんの解説で大変よくわかりました。
ありがとうございました。
3
英語勉強中さん 2019-02-05 13:27:17

there is構文の意味上の主語はa couple of problemsです。
これには不定冠詞がついていますよね。
基本的に英語では不定冠詞を主語におくことを避けるので、there is構文が使われているわけです。

では、A couple of problems are outstanding.という文を作りたいとしましょう。
すると、主語に不定冠詞を伴った名詞を置けないわけですから、There are a couple of problems outstanding.となるわけです。
このoutstandingは叙述用法の主格補語ですから、限定用法の形容詞として混同してはいけないと思います。

よって、There are a couple of outstanding problems.(解決していない問題がいくつかある。)とThere are a couple of problems outstanding.(いくつかの問題は解決していない。)は違います。
2
英語勉強中さん 2018-01-04 23:07:04

No.1さん ご回答ありがとうございます。

There の文だから、後から outstanding を付け加えたほうがわかりやすということですね。
わかりました。ありがとうございます。

では、There の文以外でしたらどうなのでしょう?
例えば

① We have a couple of problems outstanding.
② We have a couple of outstanding problems.

どちらのほうがよいのでしょうか?
番組では

The only outstanding issue is the price.

のような使い方をしていて、名詞を前から修飾する場合と後ろから修飾する場合の判断をどのようにしているのか、自分はよく理解できていないなと思いました。
1
英語勉強中さん 2018-01-04 01:09:53

最後の案のような形は見ないです

There isの構文は、新しい話題を導入するときに使われますよね。

「問題がある」とまずシンプルに言った上で「未処理の、ね」と付け加える方が、聞き手は理解しやすいだろうと思います。
理屈づけるなら関係代名詞の省略でしょうね。